薬剤耐性HIVインフォメーションセンター

調査・研究Investigation and research

調査結果

伝播性薬剤耐性変異(TDR)保有率の動向

横軸=2003年から2019年とそれぞれのn、縦軸=耐性変異観察頻度(0から14%)。2019年の耐性変異観察頻度は約6.4%。n=514

NRTI, NNRTI, PIについてはWHO2009年のTDRリスト[1], INSTIについてはStanford Univ.のSurveillance Drug Resistance Mutation (SDRM) Worksheetのリスト[2]に従い、以下の変異をTDRとして集計した。

NRTI: M41L, K65R, 67N/G/E, T69D/ins, K70E/R, L74I/V, V75M/T/A/S, F77L, Y115F, F116Y, Q151M, M184V/I, L210W, T215Y/F/C/D/E/S/I/V, K219Q/E/N/R

NNRTI: L100I, K101E/P, K103N/S, V106A/M, V179F, Y181C/I/V, Y188L/H/C, G190A/S/E, P225H, M230L

PI: L23I, L24I, D30N, V32I, M46I/L, I47V/A, G48M/V, I50L/V, F53L/Y, I54V/L/M/A/T/S, G73C/S/T/A, L76V, V82A/T/F/L/S/M/C, N83D, I84V/A/C, I85V, N88D/S, L90M

INSTI: T66A/I/K, E92Q, F121Y, G140S/C/A, Y143R/C/H, S147G, Q148H/R/K, N155H/S

[1] Bennett 2009 Plos One e0004724
[2] https://hivdb.stanford.edu/pages/SDRM.worksheet.INI.html

検出される伝播性薬剤耐性変異

表の横列は2003年から2019年までのRT, PR, INのn、縦はNRTI, NNRTI, PI, INの耐性変異(%) Updated 2020.7.10